接骨院と整骨院の違い

接骨院と整骨院の違いとは?

よく似た名称の「接骨院」と「整骨院」ですが、なにか違いはあるのでしょうか。
結論から言うと、あまり違いはありません。
どちらも「骨つぎ」という治療を主に行います。
名称が違うのは、「接骨院」という名称だと、どこか痛いイメージがあり、それを嫌った経営者が「整骨院」と少しソフトな名称にしているだけです。
当然弊害も起きており、「整形外科」や「整体院」と勘違いしてしまう点は少し問題にもなっています。
少し語弊がありますが、もし受診するのなら「接骨院」と銘打っている所をお奨めします。
骨や関節を治療するのですから、当然多少の痛みは伴うものです。
ただ、その治療を乗り越えれば、身体の状態も整いますので、是非頑張って頂ければと思います。

もう一つ紛らわしい「整体院」とは

「接骨院」「整骨院」ときて、「整体院」とくると、なにがなんだかと感じる方も多いのではと思います。

「接骨院」と「整骨院」と比べ、「整体院」は明確に違う点があります。
それは保険が適用であるかないかということです。

接骨院や整骨院は「柔道整復師」という国家資格を持った人が、実際の施術や運営を行っています。
その為、一部例外はあるものの、ほとんどの施術で保険がききます。
反面、整体院は民間の資格である「整体師」が施術や運営をしている為、保険が適用となりません。
治療の内容も大切ですが、利用者にとって保険が適用であるかないかは、大きな違いだと言えるでしょう。

「整体院」で受けられる治療は、骨の歪みや関節のズレを修正し、リンパの流れなどをよくするといったものが多いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る