まずは整形外科を受診してみよう

肩や腰に痛みや違和感があった時、皆様はどう判断するでしょうか。
安易に「肩こり」や「腰痛」という括りで片づけている方も多いのではと思います。

肩も腰もですが、痛みや違和感が出るということは、必ず原因が存在します。
そして、その原因によって症状も違い、当然治療法も変わってくるのです。

例えば「腰の痛み」ですが、それが腰のどの部分が痛いのか、また痛めた原因や要因はどういったものなのかで、傷病名もガラリと違います。
単純に「腰痛」という言葉で表現してしまってはダメだということですね。

腰のどこが痛いのか、右なのか左なのか、厳密にいえばどの筋肉に違和感があるのか、それとも筋や健を痛めているのか。
また、そもそもその痛みや違和感はいつから感じるようになったのか。
できるだけ細かく自分で把握することがとても大切なのです。

しっかり自身の状態を把握した上で、初めて受診先の選定を行いましょう。
状態をあらかじめ把握していれば、受診先でも正しい訴えができるはずですし、それによって適切な処置をしてもらうことができます。
逆に曖昧な考えで受診しても、思うような効果がでなかったり、場合によっては悪化してしまうというケースもあります。
絶対に避けるべきことではあるのですが、正直こういったケースが残念ながら散見されるのが実情です。

治療は「治してもらう」という受け身の気持ちでは効果はあまり得られません。
自らの強い気持ちで「治す」という前向きな気持ちが必須だということを肝に銘じておきましょう。

TOPへ